組合について

 郵政短時間職員に採用されると、必ずと言っていいほど郵便局員の組合への加入の勧誘があります。
 2008年夏現在、以下の組合があります。残念ながら、短時間職員だけの組合は存在しません。


 いずれの組合も、毎月1500円前後の組合費を徴収されます。
 組合活動としては、季節ごとにイベント(イチゴ狩り、新入組合員交流会など)があったり、当然真面目な話し合いもあります。強制参加ではありませんので、出たくなければ出なくてもO.K.(のはず)です。
 交流会で他の郵便局の局員さん、短時間職員さんと交流が出来るのは少しメリットがあると思います。

 組合へ入るべきかどうかという質問をよくご意見板で見かけますが、組合への加入自体は局員も短時間職員も強制ではありません。ただ、(複数の組合員がいる郵便局の場合、)ある組合が勝ち取った「食堂」「休憩室」などの利用を組合員以外は徹底して排除されるということもあるそうで、入っていないと人間関係等でややこしくなる可能性もあるようです…。

 結局、勤務する郵便局の状況に応じて加入するかどうかを決めたほうがいいと思います。皆さんの意見を総合すると、仕事環境を円滑にする為のお付き合い程度に考えて加入したほうがいいのではないか、もし複数の組合があるのなら先輩や友人が加入しているのと同じ組合、またはその郵便局で組合員の人数が多い方を選んだほうがいいのではないか、ということになります。
 当たり前ですが、郵便局を退職した場合には問題なく組合も辞められますので、その点はご安心を(?)。