内務A、B

 内務の仕事は、
1.郵便物の区分け(郵便局に到着分)
2.差し立て処理(郵便局から発送分)
3.特殊(書留類を扱う)
4.給与計算(出勤簿チェック)
5.レタックス処理
6.業務監査(書留や小包などがちゃんと届いたかどうかを確認するはがきを出す)
7.出張所やイベントでの商品販売
8.窓口業務
9.その他諸々の雑用(例:年賀状予約データ打ち込み)
などです。

 もちろんこれらを全部させるわけではなく、郵便局によって仕事内容は変わります。区分けや差し立ては人間の手でなく機械で、という郵便局増えてきていると思います。
 特にこれらの仕事をやるうえで資格などは必要ありませんが、場合によってはパソコンでワープロ、表計算ソフトが使えるに越したことはないと思います。また、どの仕事においてもそうですが注意力が要求されますので、間違いの無いよう仕事をすることを心がけるべきでしょう。
 規定では窓口業務は短時間職員はできないことになっているらしいのですが、私の近所の郵便局では短時間職員が窓口にいます。はて(?_?)。

 

 筆者の経験ですと(内務A)、朝7時に出勤して9時まで区分及び差し立て作業をし、その後2時間は…雑用とかしていました(^_^;)。筆者の勤めていた郵便局には、午前の短時間職員が4人もいて、9時から後は仕事が無かったというのが正直なところです。もちろん、年末など忙しい季節は、11時までみっちり仕事があり、それでもなお足りないので、割り当てられた超過勤務(=超勤)時間を使っておりました。

 最後に、ご意見板に書き込みがあったお役立ち情報を載せます。記事が増えたらこちらに移していきます。

[自局引受の別納・後納分の入力処理の仕方](by さん)
1.入力処理が終わったら 日締め処理です。このとき「未」が2つあったら(当日の所にも「未」があったら)後納のあたりの日付を直し忘れているので要注意。
2.引継処理を開いて送信情報を作ります。(おそらく左の1番下の項目です。)
3.全てを閉じて 送信の処理をします。